人気脱毛サロンでデリーケートな顔の産毛を脱毛

顔の脱毛について

脱毛というと、両ワキや脚、それにデリケートゾーンといった部位を連想する人は、とても多いと思います。

 

しかし、これらの部位のように、ムダ毛が比較的「濃い」ところのほか、産毛の割合が多い「顔」の脱毛にも、近年では注目が集まってきています。

 

普通のムダ毛に比べ、顔の産毛は目立ちにくいのですが、きちんと脱毛してあるとメイクのノリが良くなったり、顔のトーンが明るくなったりというメリットがあります。

 

顔脱毛のできる部位ですが、顔脱毛と一言で言っても、やはりいろいろな部位が存在しています。

 

大まかに分けると、鼻の下やあごなどの薄いひげが生えやすいところ、細かい産毛が密集しているほほ、そして額にあごの周り、となります。中でも、鼻の下とあご、そしてほほの顔脱毛は、脱毛サロンやクリニックで人気になっているようです。

 

一方で、顔脱毛をすることのできない部分もあります。それは、目の周りです。脱毛サロンやクリニックでは、基本的は強い光線を発するマシンを施術に用います。この光が目に誤って当たってしまうと失明の虞があり、大変危険です。

 

そのため、ほとんどのサロンやクリニックでは、この部分の脱毛を取り扱っていません。顔脱毛の注意点についてですが、脱毛部位として段々メジャーになりつつある顔ですが、顔の脱毛をする際には注意点がいくつかあります。

 

その1つは、自己処理をなるべく避けるという点で毛抜きやカミソリで顔の脱毛をするとお肌を傷めやすいのに加え、

 

傷ついた部分に紫外線があたるとダメージがさらに悪化してしまう

 

からです。また、脱毛サロンやクリニックに通って施術をするときにも、そのサロンやクリニックが「安いから」というだけで選ぶのは、止めておきましょう。値段が安いのは確かにうれしいことだけれど、施術の技術や安全性も、その分劣る可能性があります。

 

デリケートな皮膚でできている顔の脱毛だからこそ、丁寧なケアをしてあげるようにしましょう。先程、顔脱毛 自宅では避けるようにと申しましたがアフターケアはご自身でしっかりと行うべきです。